60歳以上の薬剤師の求人はどうなっている?

「定年を迎えた後も薬剤師として働きたい」「60歳を過ぎたけれども薬剤師として再就職ができるのかな?」薬剤師は、需要の高い職種です。高年収が期待できることも多く、できるだけ長く仕事を続けたいと考えるのは至極当然です。

とはいえ60歳を過ぎたり、定年を迎えたりする場合には、再就職できるのか不安になることもあるでしょう。そこでこの記事では、60歳以上の薬剤師でもOKな求人があるのかどうか、詳しくご紹介します。

『八幡西区で薬剤師の求人パートに応募した主婦の体験談』


薬剤師は定年後でも再就職が可能?

自分自身で薬局を営んでいる場合は別ですが、薬剤師にも定年はあります。一般的には60歳、あるいは65歳で定年になるのがほとんどです。普通の会社員が定年を迎えた後、再就職するのはなかなかたいへんなこと。その点薬剤師は違います。

薬剤師は国家資格なので、誰でもなれるというわけではありません。専門的な知識と資格を有している薬剤師は、それだけ貴重な存在なのです。また薬剤師の仕事は、身体を酷使するようなものではないため、年齢を問わずに活躍できる可能性の高い職種でもあります。

このように薬剤師は、定年を迎えた後でも再就職することが可能です。実際に60歳以上でもOKという、薬剤師の求人は多数存在します。では、60歳以上の薬剤師が再就職できる職場には、どのようなものがあるのでしょうか。

60歳以上の薬剤師が働ける職場とは

薬剤師として働くことの可能な職場としては、病院や医薬品卸企業、調剤薬局や大学、製薬企業のMR(医薬情報担当者)やドラッグストアなどが挙げられます。しかしこれらの中で60歳以上の求人があるのは、調剤薬局かドラッグストアなどにほぼ限られます。

たとえ前職が製薬企業や大学、大手医薬品卸企業だったとしても、再びそういった職場で働くことはとても困難です。定年したときと、同じ職場ならある程度は可能でしょう。しかしその場合でも、正社員ではなく嘱託だったり、契約社員だったりするのがほとんどです。

特にMRは、身体的にも精神的にも負担の大きい仕事です。60歳以上の薬剤師が勤めるのは、かなり難しいと言わざるを得ません。60歳を過ぎてしまった薬剤師の再就職先としては、調剤薬局かドラッグストアを探すのが現実的です。

60歳を過ぎたら求人の条件を問わない姿勢が必要

たとえ経験豊かな薬剤師だったとしても、調剤薬局やドラッグストアに誰でも簡単に入れるというわけではありません。調剤経験がない場合は苦戦も考えられます。また、調剤薬局やドラッグストアが求める人材は、その店舗のニーズにマッチした薬剤師です。

調剤薬局やドラッグストアでは、できるだけ長く勤務してくれる人を求めるもの。20代と比較して、その点に関しては最初からハンデがあるのです。勤務地や休みの日、給料や勤務時間の希望などが応募する店舗の条件に合わない場合は、採用されるのは難しいでしょう。

前職で年収1,000万円以上だったとしても、同じ年収を求めてはいけません。正社員待遇も、ほぼ無理なのが現状です。またドラッグストアでは、土日の勤務も普通です。募集先の条件を問わずに、柔軟に対処する必要があります。

できるだけ長く現役でいるためにも、募集先のニーズに合わせるのが賢明です。

60歳以上でもOKな薬剤師の求人を探す方法

薬剤師の需要は大きく、求人はとても豊富です。とはいえ60歳以上でも応募が可能な求人は、意識して探さないと見つけるのが難しいもの。地元の調剤薬局やドラッグストアの求人を探すのなら、ハローワークがおすすめです。

というのは、求人情報誌に載っていないような地元優先の求人情報を得られることもあるからです。またハローワークでは、求職に関するアドバイスを受けたり、相談に乗ってもらったりすることもできます。定期的にハローワークに通い、チャンスを待つのは賢い方法です。

少しでも好条件な職場で働きたいのならば、転職エージェントを利用するのがよいでしょう。転職エージェントには、非公開の求人情報があるものです。場合によっては大きな病院や、企業からの求人があることも。転職エージェントでは、登録は無料なのがほとんどです。

複数の転職エージェントに登録し、コンサルタントに相談してみましょう。


60歳以上でも応募可能な求人の具体的な例

シニア・中高年の求人を扱うサイトに「シニアジョブ」があります。このコーナーではシニアジョブの情報をもとに、60歳以上でも応募可能な求人の具体的な例をご紹介していきましょう。神奈川県横須賀市の調剤薬局では、60代の経験者を歓迎しています。

年収は500万円から600万円で、時給換算だと2,000円から3,200円です。平均年齢が51.4歳という薬局なので、世代間の違いに戸惑うこともないでしょう。長期の募集なので、長く勤めたい人にはうってつけです。

宮崎県宮崎市の薬局では、年収580万円から700万円で薬剤師を募集しています。中高年歓迎で、60代でも大丈夫です。交通費が支給され、雇用・労災・健康・厚生など、福利厚生も充実しています。ただしこの薬局で働くには、実務経験が10年以上必要です。

実務経験がない場合には、応募することができません。福井県福井市の調剤薬局の場合、勤務は週2~3日からOK。年収は580万から700万円で、60代歓迎です。また、この薬局の最高年齢は72歳で、60代でも十分働ける薬局なのですが、やはり実務経験が10年以上必要です。

東京都八王子市の調剤薬局では、時給1,800円から2,200円で薬剤師を募集しています。週休2日制で、60代以上歓迎です。この薬局の最高年齢は71歳で、応募には調剤経験が5年以上必要です。このように調剤薬局では、実務経験者や調剤経験者を募集する例が多く見られます。

60代で年収500万円以上なのは魅力的ですが、それにはある程度の実務経験や調剤経験が欠かせません。経験のない薬剤師の場合は、求人がかなり少なくなってしまいます。では、ドラッグストアはどうでしょうか。新潟県新潟市の大手ドラッグストアチェーン店では、調剤業務の経験者を募集しています。

経験年数はとくに定められてはいません。時給は2,000円~で、社会保険完備です。業務にはOTC販売説明が含まれます。奈良県奈良市のドラッグストアの募集では、薬剤師であれば必要経験が不問です。年収は400万円から600万円で、休日はシフト制です。

このように調剤薬局よりはドラッグストアの方が、応募条件がゆるくなる傾向が見られます。調剤経験があまりない場合は、ドラッグストアの方が狙い目です。

60歳を過ぎても諦めずに職を探そう

薬剤師の仕事はやりがいのあるものです。長年つちかってきた経験を活かせますし、薬剤師として地域に貢献することも可能です。また60代は、まだまだ働ける年代でもあります。新卒や20代、30代の薬剤師と比較すると、確かに再就職には難しい面が見られます。

とはいえ全然求人がないというわけではありません。今回の記事を参考にして諦めずに仕事を探し、薬剤師として活躍していきましょう。

参考リンク|アポプラス薬剤師:薬剤師 求人https://apo-mjob.com/