薬剤師の求人は家賃補助があるかどうかで実質的収入が変わる

薬剤師の仕事の魅力は福利厚生が充実していることでしょう。長く働ける職場を探している方にとって家賃補助などの福利厚生は無視できないポイントです。家賃補助の内容は職場によって異なるので、詳細まで確認しておくことが大切です。

ここでは家賃補助のある薬剤師求人の特徴とメリット、対象になる人の条件などについて説明しています。

⇒八幡西区で薬剤師の求人パートに応募した主婦の体験談

家賃補助で実質年収が変わることも

薬剤師の生涯収入はサラリーマンと同程度と言われており、年収にすれば450万円~500万円くらいです。薬剤師の求人サイトが普及してからは、年収で比較検討をする人が増えていますが、ここで重要となるのが実質的な年収です。

家賃補助などの福利厚生の有無によって、実質年収は変わってくることがあります。例えば年収500万円で家賃補助なしの職場より、年収470万円で家賃補助ありの職場のほうが実質年収は多くなるケースは少なくありません。

家賃補助の金額は職場によって変わりますが、2~5万円程度の金額に設定されていることが多いです。4万円以上の金額になれば一般的に高額の部類になります。薬剤師求人の内容を見るときは、福利厚生も含めて総合的に判断する必要があります。

本来の福利厚生とは職場側が従業員に支給する金銭に該当しない報酬ですが、金銭的補助に該当する内容は少なからずあるのです。例えば住居を借りている人にとっては家賃の支払いが毎月発生し、支払いの一部を負担する家賃補助制度があれば補助費用の分だけ実質的に月収が増えます。

自己負担をいかに減らせるかがポイント

生活費のなかでもウエイトが大きいのが家賃であり、給料の25%以内に設定するのが好ましいと言われています。例えば月収が40万円ならば最高でも家賃は10万円以内に設定したいです。これは生活のバランスを維持するための利率であり、なかには給料の30%以上を賃料に充てている人もいます。

ただ家賃が大きくなるほど衣食の出費を抑える必要があり、欲しい洋服を我慢したり食費を減らしたりするなどを制限が生じてくるのです。高級マンションに住みながら、毎日インスタント食品ばかり食べている状況は好ましくないでしょう。

家賃補助の相場は2~5万円程度ですが、その内訳は職場によって違っています。例えば賃料にかかわらず一律3万円に設定しているところもあれば、賃料の50%まで負担してくれるところもあります。この例だと5万円の物件を借りる状況ですと、3万円を支給してくれる会社のほうがお得です。

一方で6万円を超える物件を借りるならば、職場が賃料50%を負担してくれるほうが自己負担分は減ります。家賃補助をチェックするときは実質年収にどの程度影響するか、家賃支払いの自己負担をどれだけ減らせるか、などに着目してください。

条件は詳細まで確認しておこう

薬剤師求人を確認するときは、手当の詳細まで見ておく必要があります。ひとつ言えることは家賃補助の目的は家賃支払いの補助であり、全額をカバーする制度ではないことです。全額負担をする仕組みを作ってしまえば、職場側は家賃を支払い切れなくなる可能性があります。

自己負担がゼロになるならば、少しでも高級物件に住もうと考える従業員はいるでしょう。家賃補助で5万円支給や賃料50%負担という条件は非常に厚遇です。一方で1万円や数千円の補助しかない職場もありますが、金額が少ないから必ずしも悪いとは言えません。

そのかわり年収が平均よりかなり高く設定されていれば、家賃補助がなくても費用対効果は高くなることがあります。ほかにも支給対象者も調べておく必要があります。理想的なのは全員が対象になることですが、職場によっては非世帯主は対象外とするところがあります。

例えば親と同居をしていて、親が世帯主で家賃を支払っている状況ですと家賃補助は支給されないのです。また独身・既婚によって支給の有無が分かれるところもあるため、薬剤師求人は細部まで確認する必要があります。独自ルールで支給額を決定する職場の場合、求人情報には詳細が記載されていないことがあるので、この場合は求人側に直接確認してください。

社宅を利用するという手もあり

自分や家族が住むところは自分たちで決めるのが理想でしょう。住む場所によって通勤の利便性、周辺施設へのアクセスなどは大きく変わります。一方で住む場所はこだわらないという人もいますので、こうした人は社宅ありの薬剤師求人を選んでみるのも手です。

社宅は建物・エリアなどを会社側が決定しますが、格安で入居できるメリットがあります。社宅は会社側が借り上げしているもので、従業員への福利厚生として活用されています。例えば家賃6万円の物件が自己負担1万円で住めるなど、自分で物件探しをするより費用対効果がよいのが一般的です。

ただ社宅はすべての人が利用できるとは限らず、ひとり暮らしに限定されている場合があります。将来的に結婚を考えている方は、結婚後も入居できる社宅を用意してくれる職場を選ぶのが好ましいでしょう。本来の社宅制度は住居を確保するのが容易ではない人を対象にしています。

それゆえ職場のすぐ近くに実家がある方ですと、適用外になることがあります。社宅や家賃補助などの制度は従業員の経済的負担を軽減するのが目的ですが、家賃を払いたくない人を助ける制度ではありません。

雇用形態と家賃補助の関係をチェック

家賃補助は正社員のみ適用になるわけではなく、非正規雇用者も対象にしている職場は数多くあります。会社側が家賃補助を用意する理由のひとつには、長期勤続をしてもらうことがあります。職場はなるべく長く勤務してくれる人材を欲しており、頻繁に出入りされることを好みません。

それゆえ安易に転職されないように、家賃補助や社宅などの福利厚生を充実させるわけです。ただ派遣社員の場合は派遣会社が従業員の雇用主になる関係上、家賃補助を受けられないケースが多くなります。派遣として働く予定だけど家賃補助を受けたいという方は、膨大な案件から探していく必要があります。

薬剤師求人の専門サイトなら全国を対象にして探せますので、派遣で家賃補助ありの職場を見つけられる可能性が高くなるでしょう。

家賃補助があれば生活の負担が軽減する

安定収入を得られる仕事の代名詞といえる薬剤師ですが、収入だけで求人を選んでしまうと失敗しやすいです。生活費において割合が大きい賃料を抑えるためには、高収入よりも家賃補助が充実した職場のほうが都合がよい場合があります。

職場によっては社宅制度を用意しているところもありますが、いずれにしても自身が対象者になるか確認しておくことが大切です。

参照元⇒薬剤師転職